ちょっとブログを書いてみたくなってね。

留学備忘録用に。時々趣味の話。

なつやすみのじゆうけんきゅう①~テニミュ初演時の青学の平均年齢を代ごとに比較してみた~

突然ですけどね、最近テニミュを……特に推しが出ていた二代目、三代目あたりのDVDを見ながら思ったことがあるんですよ。

二代目青学、若くない……??

他の代は割と20歳前後が多いイメージあるのに、この代やたら高校生多くない……?と。いや、でもこれは二代目があまりに初々しい(婉曲表現)ために若く見えているだけなのではないか?私が履修不足なだけで最近の代の方が平均年齢は若くなってるんじゃんないか……??と。

そういうわけで「二代目青学は若い」という仮説を検証するために、各代の初演時での青学メンバーの平均年齢を調べてみました。

 

詳しくは続きから。

続きを読む

今更だけどベスアク003相葉弘樹as不二周助を買った

表題の通り。TdVからすっかり沼に落ちて前々から気になってたベスアクを買ったよ、という話と曲の感想を。

最初に簡潔に感想を言うと……最高でした。

www.tennimu.com

2006年に出されたこのCD、キャラとして歌っているとはいえ相葉さんが初めてソロで出したCDなのでは……?と思いながら聴いていると、初々しくて一生懸命で、今よりずっとずっと細いけれどまっすぐでよく届く声のなんと尊いことか……(キモオタの感想)

真面目に感想を言うと、このアルバムは『相葉弘樹不二周助』のための曲集として完璧なのではないかと。不二周助というキャラの範疇を破らず(若干はみ出ている気はするが)それでいてこの純粋さや無邪気さでキラキラしてる感じが曲に出ているのは他の代の不二周助にない彼のキャラクターを活かしたものだなぁと思います。きっと他の代の周助はプリズム色の光集めないと思うんだよ……!!

 

そういうわけで。各曲の感想をそれぞれ語っていきたいと思います。お時間ある方はお付き合いくださいませ。

続きを読む

旧堀田邸でシンケンジャー聖地巡礼したよ。

どうも、最近は外出自粛で自宅にいることが多く、ESを書きつつヴィル様を育ててるえこまるです。ツイステ面白いですね。ヴィル様(cv相葉裕樹)の戦闘中ボイス、「真剣に考えた?」を聞くたびに \同じくブルー池波流ノ介!/ を脳内再生してしまう毎日。

というわけで今日はシンケンジャーの聖地に行ってきたという話。元々行く予定ではなかったんだけど、たまたま東京に行った日に夜の飛行機に乗るまで時間が空き、それなら東京成田間で途中下車で行けるからと侍戦隊シンケンジャーの聖地、佐倉市の旧堀田邸に行ってきた。

 

続きを読む

ウィーン留学記 〜しないと罰金?住民登録〜

今回はウィーンで生活を始めるときに絶対に必要になる手続きの話。

 

私のように6ヶ月以内のオーストリア滞在であればビザ(滞在許可)のめんどくさ〜い手続きは必要ないのだけれど、ひとつだけやらなくてはいけない手続きがある。

住民登録だ。

続きを読む

ウィーン留学記~ウィーンのスーパーマーケット事情~

さて、前回まではウィーンに到着してから数日間の観光について書いていたけれど、今回は日常生活について。

当然だけれどヨーロッパの生活環境は日本とは違う。本当に全然違う。

私は割と出たとこ勝負な性格なので(悪く言えば無計画)「なんとかなるやろ」と高をくくってとりあえず飛び出してみたところ、割と痛い目も見た。

そういうこともあって、今後長期でヨーロッパに住む人にはぜひ生活環境についてある程度事前に知ってほしいな、と。そんな思いもあって今回の記事を書いています。

さて今回はウィーンのスーパーについて。

続きを読む

ウィーン留学記 観光編その2

久しぶりの留学記。今日はまた主要な観光地についていくつか。

 

ウィーン2日目、まず行ったのはシュテファン大聖堂。お土産屋や高級店の立ち並ぶ大通りにそびえるランドマークで、常に観光客で賑わっている。

f:id:ecomarusuisan:20200216152647j:image

(まあもちろん教会なので賑わってると言っても静かなんですが)

続きを読む

”ひとり”では自分の存在を見いだせない ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン青学vs立海後編 1/31ソワレ

テニミュを見てきた。今までにテニプリ自体は新含めて全巻読破してて、テニミュに関しては1stシーズンをDVDでちょこちょこ見てたのと(相葉さんが見たくて笑)3rd立海前編のライビュを見に行ったんだけど、公演自体を会場に見に行くのは今回が初めて。

 

で、全国立海に関しては1stだけ事前に見てたんだけど、その上で今回の公演をみて、セトリはそこまで変わらないながら演出が違うだけでここまで違った物語に見えるのか、と驚いた部分が沢山あったので、今日はその辺を忘れないうちに書いていこうと思う。

主に『越前の物語における幸村精市の描き方』について、1stと3rdを比較しながら。

2ndはまだ見てないのでそこと比較することはできないが、とりあえずこの二つで考えていく。

f:id:ecomarusuisan:20200201192641j:image

続きを読む